まんこの正しい洗い方

まんこの臭いで悩んでいる方の、よくある勘違いが「洗い方」ですね。

膣内は洗わないほうがいい」とか、「石鹸で洗っても大丈夫」とか、間違った情報が多いですが、まんこのケアは、中も外もきちんと洗って清潔に保つのが大切です。

まんこの図

まんこは、構造が複雑に入り込んでいます。外陰部には、陰核や大陰唇、小陰唇などのヒダがあるため、おりものや垢(恥垢)、尿などが付着しやすくなる場所です。わきと同じアポクリン腺もあるため、とても臭いを発しやすい場所になります。

まんこの正しい洗い方

まんこの洗い方イメージ

まんこの外を洗う(外陰部)

外陰部は、デリケートゾーン専用の石鹸を使用します。デリケートな部分ですので直に石鹸を使用するのではなく、泡立てネットでしっかり泡立ててから優しく洗いましょう。

ヒダや皮に隠れてる部分のほか、溝も汚れが溜まりやすいので、忘れずに洗い流すのがポイントです。

まんこの中も洗う(膣内)

膣内の「汚れ・おりもの」などが、細菌を発生させて臭いの元になってしまいます。おりものや体液・垢などの汚れは、水(ビデ)で洗うだけでは臭いを取り切れませんので、膣内専用の洗浄剤を使用してください。

まんこの洗い方の注意点

まんこは、外も中も洗うことが大切です。しかし膣内と膣外の部分では、身体の外と中なので洗い方も異なります。

膣内を市販の石鹸やボディーソープなどの刺激の強いもので洗ってしまうと、炎症を引き起こしやすくなります。また、膣内の環境のバランスを保っている善玉菌まで洗い流してしまうことで、自浄作用が乱れてまんこの臭いが悪化します。

つまり「刺激を与えないようにして善玉菌を残しつつ、細菌や汚れはしっかり洗い流す」これをしなければいけません。

  • 低刺激で洗う・善玉菌は残して洗う。
  • 細菌や汚れは、しっかり洗い流す。

膣内はインクリア、外はまんこ専用の石鹸で洗う

では、刺激を与えないように善玉菌を残しつつ、細菌や汚れはしっかり洗い流すためにはどうすればいいのでしょうか?

答えは、「膣内は膣内洗浄剤のインクリア、外(入り口)は、デリケートゾーン専用の石鹸で洗う」ことです。

まんこの洗い方の説明

膣内洗浄剤のインクリアがおすすめです。価格も手頃なので、まんこの臭いに悩んでいる方は、1度だけでも試してみてはいかがでしょうか。

モニター84%が効果を実感。売れ筋ナンバーワン!

まんこ臭い
まんこ匂い臭い

詳しくはこちらをクリック

入り口 (外陰部)を洗う「まんこ専用の石鹸」については、こちらのページを参考にしてみてください。

まんこ専用石鹸ランキング

まんこのかゆみや黒ずみも洗い方が原因

まんこのかゆみや黒ずみも洗い方が原因
じつは、まんこのかゆみや黒ずみも洗い方が原因になります。

刺激の強い石鹸で善玉菌を洗い流すと、雑菌が繁殖してかゆみの原因になります。弱酸性のデリケートゾーン専用の石鹸で雑菌を洗い流してあげることで、陰部のかゆみを抑えられます。

また、ゴシゴシと強く洗うと肌を守ろうとして”メラノサイト”という成分を分泌され、メラニン色素(黒)が沈着すると、まんこの黒ずみになってしまいます。

まんこは、刺激をあたえると黒ずみの原因になるので、泡立てネットでキメの細かい泡を作って優しく洗い上げましょう。

生理中や妊娠中も正しく洗うことが大切

生理中や妊娠中のデリケートゾーン洗い方

生理中や妊娠中のようにホルモンバランスが不安定な時は、雑菌によって炎症や臭いが強くなるケースが多いです。肌が敏感になってしまう生理前後や妊娠中は、とくにデリケートゾーンを清潔に保つことを意識しましょう。

膣内洗浄剤は、生理中の経血の状態が落ち着いてから使用しましょう。生理の終わりかけなどに使用すると、膣内に残りやすい古い経血を流し出すことができるので、より早く膣内を清潔な状態に戻すことができます。

外陰部を洗う時は、デリケートゾーン専用の石鹸の使用をおすすめします。生理中や妊娠中でも、トラブルが起きないように刺激のない天然成分のみで作られているので安心です。

まんこの毛を処理すると雑菌が繁殖しづらくなる

まんこの毛をボーボーのまま放置していると、蒸れて雑菌が繁殖しやすくなります。

増殖した雑菌が臭いの原因になりますので、いくら綺麗に雑菌を洗い流してもまた繁殖してしまっては、いたちごっこになりかねません。

デリケートゾーンの毛は、ワックス剤や脱毛などで処理しておくのが無難です。

欧米諸国では、毛が生えている状態は不衛生だと考えられ、全てツルツルにするハイジニーナ(衛生的)が主流となっています。

より臭いを軽減したいのであれば、デリケートゾーン専用石鹸の使用と合わせて、ムダ毛のお手入れもする必要があります。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ