まんこのわきが(すそわきが)対策

すそわきがとは、まんこのわきがのことです。わきが体質の人は、同時にすそわきがも発症しやすくなります。

ワキガは、ある日突然発症するためパートナーに指摘されるまで、すそわきがに気づかない人も多くいます。

まんこの臭いで悩んでいる人で「パンツに黄色いシミが付着している」「耳垢が湿っている」「両親や兄弟がわきが体質」などにあてはまる場合は、すそわきがである可能性が高いです。

すそわきがの臭いを解消したい場合は、「切開手術」か「お手入れによる対策」に分れます。

まんこのわきが(すそわきが)対策

すそわきが対策

切開手術

「すそわきが」とは、まんこの「わきが」です。皆さんもご存知の通り、完全に完治させようと思うと、病院で切開手術をするしかありません。まんこを切開して、メスやハサミでアポクリン腺を皮膚ごと切り取る手術が必要です。

手術は怖い…。なんとかならないかな…。

すそわきが対策をしよう

お手入による対策

手術は抵抗のある方が、ほとんどだと思います。手術なしで「すそわきが」を完全に治すことはできませんが、日々のお手入れで臭いを抑えるのことは可能です。

  • 日頃から「正しい洗い方」で手入れをする
  • デリケートゾーンに使えるデオドラントクリームを使う
日頃から「正しい洗い方」で手入れをする

すそわきがは、アポクリン汗腺から出る汗と、皮脂や垢などの原因菌が混ざり合わさることで強い臭いを発生させます。日頃から正しい洗い方によって皮脂や垢などを取り除き、清潔に保つことで臭いは和らぎます。

正しい洗い方について、こちらのページも参考にしてみてください。

まんこの正しい洗い方

デリケートゾーンに使えるデオドラントクリームを使う

わきが臭を抑えるには、デオドラントクリームの使用が有効です。

しかし、以前まですそわきが専用のデオドラントクリームは、あまり効果の期待できるものではありませんでした。

なぜなら、わきが用の消臭・殺菌などの成分は、デリケートゾーンに刺激が強すぎてしまうため、デリケートゾーンにも使えるように成分を弱くさせたものが多かったからです。

「クリアネオ」ならデリケートゾーンにおすすめ

おすすめなのは「クリアネオ」というデオドラントクリームです。

有名なデオドラントクリームので、皆さんも知っているかもしれませんが、「口コミサイトのデオドラント部門」で1位になっているだけあって、効果も高く「天然成分」「無添加」で、数少ないデリケートゾーンにも使えるデオドラントクリームです。

それでも肌に合わなければ「永久全額返金保証付き」で安心です。

「口コミサイトのデオドラント部門」で1位

すそわきが
すそわきが対策ポイント

詳しくはこちらをクリック

すそわきがのケア用品は無添加のものを選ぶ

すそわきがのケア用品は、必ず無添加のものを選びましょう。

すそわきがの臭いは「アポクリン腺」から出る汗が原因です。このアポクリン腺は、アルカリ性なので添加物が含まれているケア用品を使用すると、酸化し臭いを悪化させてしまう恐れがあります。

また、汗を抑える成分が含まれているとなお良いです。アポクリン腺から出る汗を抑えることで、すそわきがの根本的な原因も抑えられるからです。汗がでなければ、すそわきがの臭いに悩まされることはありません。

クリアネオは、「天然成分」で「汗の抑制効果」があるので、すそわきがに効果的だといえるでしょう。

すそわきがの原因は遺伝

すそわきがの原因は、遺伝でなる確率が80%近いといわれています。つまり、わきがの体質はもともと生まれ持ったものなのです。

わきが体質ではない人は、「エクリン腺」から汗がでます。エクリン腺は、99%水分で残りの1%は塩分とカリウムなのでほとんど臭いがしません。

しかし、わきが体質の人は「エクリン腺」「アポクリン腺」の両方から汗がでます。つまり、汗の出口が2つあるのです。「エクリン腺」のほうは臭いがないので問題ないのですが、「アポクリン腺」は「タンパク質・脂質・アンモニア」などが混ざっています。

さらに、アポクリン腺はアルカリ性なので雑菌や皮脂と混ざると、ツンとしたワキガ特有の臭いを発します。とくに、まんこは通気性が悪いので雑菌が繁殖しやすく、臭いを発しやすいのです。

すそわきがは遺伝でなるものですが、しっかりと雑菌や皮脂を洗い流して酸化を防ぐと臭いは抑えられます。日ごろの手入れで臭いは軽減されるので、正しくケアをしてすそわきがによる臭いを防ぎましょう。

アポクリン腺が大きくなるとすそわきがの臭いが強くなる

アポクリン腺は、誰もが持っている汗腺で、本数や形状の大きさに個人差があります。形状が大きくなるほど、汗の出る量が増えるので臭いが強くなります。また、本数も同様です。

つまり、アポクリン腺の生まれもった本数や形状で、臭いの度合いが変わってくるのです。

しかし、アポクリン腺の形状は、「ストレス・タバコ(ニコチン)・生活習慣」などが原因で膨張します。そのため、急にまんこから臭いがするようになったという人は、アポクリン腺が大きくなったのが原因かもしれません。

すそわきが改善には、ケア用品を使うのもひとつの手ですが、日常生活を見直すことでより臭いを抑えられます。

アポクリン汗腺を小さくする方法

スソワキガは、アポクリン汗腺が増えたり大きくなったりすることで発症します。

では、アポクリン汗腺を小さくする方法はあるのでしょうか。

アポクリン汗腺は、成長期と共に大きくなり、老年につれて小さくなる特徴があります。

つまり、年を取るにつれて臭いは軽減されていくのです。

とはいっても年を取る前に何とかしておきたいのが本音ですよね。

アポクリン腺を意図的に小さくすることはできませんが、食事や生活習慣を整えることでこれ以上大きくしないことはできます。

また、常に清潔に保つようにすることで臭いの軽減を図れます。デオドランドクリームと合わせてデリケートゾーン専用の石鹸でまんこを清潔に保つように心がけましょう。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ